読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば、サラダバー

とりあえず書きたいこと書きます 

最初からうまくやろうとしないことだ

世の中には物事が続かないタイプの人がいる。

私も例にもれずその一人だ。

そういう人ってある共通点があると思う。

「飽きっぽさ」も一つはあると思うが、もっと重大なのは「無駄に完璧主義」なんじゃないかってこと。

 

大したスキルもないのに(始めたばかりだから無いのは当たり前)

行動を起こす前から上手くやろうとして「あーでもない、こーでもない」って悩み続ける

で、ようやく重い腰をあげて行動してみるも、初めからうまくできるわけもなく、現実の壁が立ちふさがってやる気を落としてしまう・・

そうするたびに「あぁ・・俺はなんてダメ人間なんだ・・」

と自己嫌悪して以下ループ みたいな

 

最初からうまくやろうと思ってるその根性が間違ってるんだ

どんな分野のプロだって初めは稚拙なことしかできなかったというケースは多いらしい

最初から天性の才能を発揮したような所謂天才タイプはごく少数だ。

ならば、なぜに最初からうまくやろうとするのだろうか?

 

俺たちの戦い方はこれでいい

とにかく闇雲でも行動し続けること。アウトプットすること。

そこから見えてくる何かがあるはずだ。